FC2ブログ

バタバタな毎日を元気に過ごそう!!
忙しくても愚痴らず!頑張りすぎず!楽しく過ごして行きたい♪

頑張る子供たち

週の半分、勤めている児童デイ=障害児療育支援施設

いろいろな障害を持った子供たちがいます。

言葉がはっきりしない子が多く
聞き取りに、必死で耳を傾けてもわからない事も度々。。。
何度も言わせてしまい、申し訳ない気持ちになることも

高等部1年のダウン症のK君のお話を聞いてください。

児童デイでのパソコン指導では
中学、高等部になった子に
ローマ字入力を懇々と練習させます。

ローマ字表と、キーボード位置の両方を
指差しで教え、入力させるところから始めていくと
自然にキーボードの位置を覚えます。

あとは、ローマ字表通りに打って行き
表を見て打つことを習慣づけます。

ひらがなとローマ字のマッチングができたら
今度は入力見本を単語にします。

・くま
・ねこ
・いぬ
と言うように濁音がない簡単な単語で
身近なものを例題にして
興味を示さない子には
単語見本の横に、その単語のイラストを付け加えます。

K君は、この練習を地道にコツコツと
繰り返して半年になった今。

ら行までローマ字を暗記でき
表を見ずに入力できるようになりました。

入力見本の単語も難しくし
・しんごうをみて
・おうだんほどうを
・わたりましょう
などを、打てるようになりました。

先日、お母様の誕生日に
カードを作ったのですが
K君のメッセージは

「まま だいすき」 でした。

発言も儘ならないK君が
自分の気持ちを現したカードを貰い
お母様は、泣いていました。

その時のお母様の言葉です。

「私たち(障害児の母達)は
母の日でも誕生日でも何も貰えないんです。
たまに、学校で先生の言うとおりに
作ったものを貰えますが
子供の気持ちを聞くことは
ずっとできなかったから、すごくうれしいです」

可能性を見つけること。
諦めないこと。
続けること。

K君から大切な事を、いっぱい教えて貰えました。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ladyup.blog.fc2.com/tb.php/107-47b0ce77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。